健康の為に骨密度を増やす努力をしましょう!

女性

丈夫な骨を作る成分

男性

カルシウム以外も大切

骨の強度を左右する骨密度は20歳ごろをピークに減少し始め、それ以降は加齢と共に減っていくと言われています。骨密度の減少には個人差がありますが、特に閉経後の女性は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって低下しやすくなります。骨密度を増やすには、サプリメントや健康食品などを活用して、骨の主な成分であるカルシウムを摂ることが大切です。血液中のカルシウムが不足すると、不足した分を骨から得ようとして、結果的に骨が弱くなるとも言われています。カルシウムは骨密度を増やす上でも、不足して骨から溶け出すのを予防する上でも大切ですが、体への吸収率が悪い成分でもあります。カルシウムだけを摂取しても体になかなか吸収されないと言われているので、ビタミンDなど、吸収をサポートしてくれる成分も同時にとるのが最適です。また美容のイメージの強いコラーゲンも、骨を形成している成分の一つで、丈夫な骨を作るのに欠かせない成分です。コラーゲンはカルシウムなどを支え、弾力性のあるしなやかな骨を作るほか、軟骨にも含まれ関節のスムーズな動きをサポートしています。他にも、女性ホルモンは破骨細胞が骨を壊すのを防止し、骨の生成を促す働きをしていますが、加齢とともに減少します。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンなどを補うことで、骨密度の減少を抑え、増やすことが期待出来ます。ビタミンDやコラーゲン、イソフラボンなどでカルシウムを効率的に体に吸収し、骨密度を増やすことが大切です。